ネイルスクールの検定や就職対策とは

ネイリストとして働きたい女性は多い

好きなことを仕事にできたらと考える人は少なくありません。ネイリストは、ネイルが好きだったり美容に興味がある人には最適な仕事と言えます。しかし、ネイルの技術には幅があり、ネイリストとしてネイルサロンで働くためには、一定レベルの技術が必要です。ネイリストを志す女性は多いため、一定レベルの技術を習得している証明となるネイリストに関する資格を持っていないとまず、ネイリストとして就職することは難しいと言えます。ここではネイルを学びたい人が通う、とあるネイルスクールを例に見ていきます。

通学する人のレベルの合わせたコース

ネイルスクールに通学する生徒の技術のレベルには幅があります。ネイルの用語や基本もよく分からない全くの素人という人もいれば、雑誌で見よう見まねでセルフネイルはしているけれど、ネイリストとして働けるレベルではない人、そしてネイリストの資格は持っているけど、更なるレベルアップを目指している人もいます。そのため、このネイルスクールは初心者向けのコースから、JNEC技能検定の級別の対策コース、認定講師を目指せるコースまで、生徒の技術レベルに合わせたコースを設置しています。基礎から学べる初心者向けのコースの場合、料金49800円の全8回で1回2時間学びます。授業は午前と午後にあり、主婦から仕事帰りの社会人など通学する人の生活スタイルに合わせています。また、授業開始前30分前までならQRコードから授業の予約がとれるため、忙しい人にとって学びやすいスクールといえます。

スクールが行なっている就職対策

最後に、就職対策を見ていきましょう。初心者からネイルサロンへの就職を目指すコースの場合、18ヶ月かけて学ぶことになります。料金は895320円となっています。このコースでは、ネイルケアや基本的なスカルプチュアからスタートして高度な技術が求められるフレンチネイル、エアブラシなどを学び、JNECネイリスト技能検定1級合格を目指します。検定対策として模擬試験も行なったり、受講期間中にJNECネイリスト技能検定1級に合格できなかった場合でも、2年間は合格するまで無料で授業を受けることができる合格保証もあります。また、在学中にネイルサロンでアシスタントとして働くこともでき、実際に就職する前にネイリストの現場を知ることができます。就職先として、ネイルスクールの直営のネイルサロンや日本最大のネイリスト紹介会社による就職先があります。

記事一覧