川崎市の家族葬の種類とメリットデメリット

従来はお葬式というと家族・親族、知人・友人から会社関係者、そしてご近所さんと広い範囲の個人の知り合いが集い大々的に行われるものでした。日本に古くからある家・村共同体の名残とも言えますが、少子高齢化、核家族化など社会の形が変化している昨今では昔からの形式ではなく、より現代にマッチした葬儀形式へと変化しており、中でも「家族葬」という新たな形でお葬式を行う人が右肩上がりに増加しており、特に核家族化が進んでいる五大都市や首都圏などの都市部でその傾向がみられ、川崎市でも件数は大幅に増えています。では川崎市でも行えるこのシンプルなお葬式は従来の形式とはどのような違いがあるのでしょうか。また、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。詳しくみていきたいと思います。

デメリットはどのようなことがあるのか

川崎市でも近年では増加している家族葬ですが、従来の形式と比べた際のデメリットは存在します。文字通り家族や親族のみで行われる葬儀なので、こぢんまりと執り行われることとなるため一見すると費用がコストダウンできるように思われますが、参列者が少なく主催者側の家族が主な参列者となるため香典の収入が少ないです。そのため、ケースバイケースではありますが、場合によっては従来の一般葬よりも手出しで支払う金額が高くなることがあります。また、家族・親族と限定してしまうことで、故人と生前付き合いがあった知人・友人が最後に故人を偲ぶ機会を持つことができないこともあります。ただし、家族・親族以外で参列希望者が多い環境にある場合は、後日偲ぶ会やお別れ会を別途行う場合もあります。

メリットはどのようなことがあるのか

このように家族葬にはデメリットも一部ありますが、大きなメリットが沢山あります。なんといっても家族が故人をゆっくりと偲ぶことができるという点にあります。一般葬の場合家族はお葬式の主催者として参列者に気を遣わなければならないため、じっくり故人と最後の時を過ごすことができません。しかし、家族・親族のみの参列者ならば、一般参列者に気を遣うことなく、また、しきたりを気にすることなく心から故人を見送ることができます。また、費用面でもお香典収入こそ少なくなりますが、参列者に気を遣わず本当に必要な物だけにお金をかけることができるので、無駄のない出費でお葬式を執り行うことができるのも大きなメリットです。近年では高齢社会で晩年は社会とのつながりがあまりないためこぢんまりとした式を望む人も多い一方、冠婚葬祭をシンプルに行いたいという希望でする人も多く、様々な理由から家族葬は好まれています。