川崎市で家族葬をするときの注意点

川崎市でお葬式を執り行うときに選ばれることが多い形式はいろいろなものがありますが、そのなかでもよく選ばれる形式は大きく分けると4つになります。これは川崎市の葬儀会社以外でも同じなのですが、直葬、一日葬、家族葬、それから一般葬という4種類の形式のなかから選ばれることが多いです。直葬とは、亡くなった場所からそのまま火葬場へ搬送して火葬をして、後日改めて葬儀を執り行うという人に選ばれることが多い形式です。社葬などを執り行う方に選ばれることがあります。一日葬は葬儀を執り行うには日が悪いときなどに、少し間をあけて葬儀を行う、というときに選ばれることが多いです。一般葬は昔から執り行われてきた形式の葬儀で、参列したことがあるという人がもっとも多い形式だといえます。

故人をゆっくりと見送ることができる

家族葬は川崎市などの大きな都市で選ばれることが多いですが、もちろんほかの都道府県や地方などで選ばれることがある葬儀の形式です。家族や親族などごく親しい人たちだけで執り行う葬儀の形式のことで、ゆっくりと故人を見送ることができる時間を持てるということで、最近選ばれることが多くなったといわれています。葬儀の流れは一般葬と変わらないので、一般葬の縮小版と考えるとわかりやすいです。少人数で執り行うので、葬儀に参列してもらう人たちに気をつかう必要もないのが選ばれる理由のひとつだといえます。また、一般葬と料理や参列してくれる方たちへの料理や香典返しなどの手間をかける必要がないというのも選ばれる理由としてあげられます。この形式ならば、家族だけでゆっくりと思い出話などをする時間を持つことができるのがいいです。

注意しなければいけないことを考えておく

家族葬を執り行うときには注意しなければいけないことがいくつかあります。それは、家族以外の参列できない人達への配慮をしなければいけないということです。まず、故人や遺族の方の会社関係の方やご近所の方たちには、あらかじめ家族のみで葬儀を行うことを通知しておくようにしなければいけないです。また、お焼香やお香典、お供物の一切を辞退させてもらうことも同時に伝えるようにします。故人が社会的な人脈を多く持つ人であったり、人に慕われるような人であった場合、この形式で葬儀を済ましてしまうと、葬儀の後にたくさんの人が自宅に訪問されたりすることがあります。そのようなこともしっかりと考えて判断した上で参列者の範囲を決めなければいけなくなります。それから、家族葬は一般葬と違ってお香典がないので、収入になるものがないということも注意しておかなければいけないです。葬儀費用が高くなる場合もあるので、そのこともしっかりと考えてから形式を決めるようにします。