川崎市で家族葬をするときの対象条件

川崎市の葬儀会社で執り行われることが多い形式は、大体4種類あるといいます。直葬、一日葬、家族葬、そして一般葬です。一般葬は昔から行われてきた形式なので知っている人も多く、参列したことがあるという人もいます。直葬は亡くなった場所から火葬場へそのまま搬送して、後日改めてお葬式を行うというときに形式です。社葬などを行う予定がある遺族の方などが選ぶことがあるといいます。一日葬は葬儀を行うときに日が悪くて行えないというときに少し間をあけてから葬儀を行うときに選ばれることが多い形式です。ワンデーセレモニーとも呼ばれており、一日で葬儀まで終わらせてしまうことができます。川崎市以外の都道府県でも選ばれることが多いですが、その地方ならではの形式などもあるといいます。

故人をゆっくりと見送る時間がある

家族葬とは、家族や親族、ごく親しい人のみで執り行う葬儀の形式のことです。従来のお葬式は、たくさんの人が訪れるのが一般的ですが、遺族がゆっくりと故人を見送ることができない場合が多いです。なので、遺族が参列者の方たちに気を使わずに故人の思い出話やお別れをできるように、と考えられた形式です。家族だけでゆっくりと故人を思うことができる時間ができるので、一般葬のように忙しなく参列者の方たちのおもてなしをする必要がないのがいいです。この形式は一般葬と同じ流れで行われます。なので、一般葬の縮小版と考えるとわかりやすいかもしれないです。また、この形式と似ている形式に密葬というものがありますが、密葬はこの家族葬とはまた異なるものなので、同じだと考えているのは間違いです。

対象としてあっているのかを考える

家族葬は料金も比較的低価格で少人数で行うことができるということで選ばれることが多いですが、誰にでも向いているわけではないといいます。この形式はご遺族やご親族、ごく親しいゆかりのある方など、身内で故人を送りたいと考えている方が対象だといえます。家族で見送る少人数ということで大体30人ほどを想定している方も多いです。葬儀会社によって形式の考え方には多少の違いがあります。遺族の方の希望に合った形式をかなえることができる葬儀会社を見つけることが大切です。故人が社会的に大きな影響力を持っていた、という場合はこの形式の対象としてあっているのか、というとそうではないといえます。会社の経営者や著名人ではなかったとしても、たくさんの会葬者が予想される状況の場合は、この形式はあまりいいとはいえないかもしれないです。なので、一度葬儀会社のスタッフに相談してみるといいです。これは川崎市でもほかの都道府県でも同じです。