川崎市で家族葬のサービスと傾向

川崎市では、終活が盛んになってきて自分が亡くなったときの葬儀に関する関心が高まっています。また、川崎市では少子高齢化が進み小規模な家族葬の人気が高まっています。そのため川崎市の葬儀社では、そういったプランが充実してきています。終活は、自分が亡くなったときのことについて向き合う活動なので、その活動をきっかけとして、慎み深い日本人の性質として、自分が亡くなったときに豪華絢爛な葬儀を執り行い、遺族に経済的な負担をかけることの意味に疑問を感じることが多くなったということが、規模の小さい葬儀の形式に注目が集まる一つの原因と考えられます。少子高齢化が進み、遺族の人数が少なくなっていくのにつれて、そういった傾向は強まり、そのニーズに応えるサービスが増えていきます。

お通夜と告別式がちゃんと執り行われる

葬儀社が提案するプランの中から家族葬のプランを選ぶという理由として挙げられるのが、あまり葬儀に費用をかけたくないが、お通夜と、告別式はしっかり執り行いたいというものです。一日葬や、火葬式のプランは、お通夜などの儀式を省略しますが、それでは、遺族や、故人と生前に親しくしていた人にとって抵抗があるということは少なくありません。家族葬のプランは、小さな規模の葬儀のプランですが、お通夜と、告別式はそれぞれに、しっかり執り行うというのが特徴となります。また、このプランを選ぶ他の理由として挙げられるのが、身内の人たちだけで葬儀を静かに執り行いたいというものです。参列する方が最低限に絞り込まれているので、参列する方の対応に多くの時間を割く必要がなくなります。

故人がエンディングノートに希望を書き留める場合も

家族葬のプランは、故人がかなり高齢になってから亡くなり、故人と生前に親しくしていた方が健在であることが多くない場合にも選ばれています。また、故人が終活で、小ぢんまりとした葬儀を執り行うことを望んでいることをエンディングノートなどに書き留めていたといったケースでも選ばれています。メリットとして挙げられるのは、故人に、お別れをする時間を、しっかりと確保できるということになります。遺族は、故人が亡くなった直後は、体力的にも、精神的にも大きな負担がかかりますが、このプランは少しでも、その負担をおさえることができるというメリットがあります。一般的な葬儀のプランだと、参列者がたくさん訪れるので、その対応をするのに遺族は気疲れをしてしまうことが少なくありません。